秋田シーバス Aji-can

リペイント依頼受付中!
ライン@で依頼
image

ミノー1本1000円~

6本以上複数割引あり!


▼お問い合わせ・ご依頼
https://line.me/R/ti/p/%40bwx5075e





ちょっと前に塗ったこの子。



依頼させた爆釣カラー。

銀ラメの横に、赤、緑、黄色の三色を塗ったカラー。


今回はこのカラーを自分なりに解説していきたいと思います。


まずはベースに使っている銀ラメ。
ラメは光を拡散させて、ルアーのシルエットを大きく見せることの出来る膨張色だと私は考えています。

魚から見ると、実際の大きさより大きく、そしてシルエットがぼやけて見えるいるはず。光り方によっては、鱗のように見えているかもしれませんね。


次に、横の三色。
少ない光量でも魚にアピールできるように蛍光カラーを使いました。

UVライトで照らすとくっきりと光るはずです。


そして、使われている色に注目。

赤、緑、黄色

よく見るコットンキャンディだと、赤、青、黄色なんですが、これは青の代わりに緑が使われています。




縦が水深、横が光の届く波長の種類。

上のグラフは透明度の高い水
下が少し汚れた濁りの入った水

上のグラフを見ると、ずっと深いところまで届いてる光は、青と緑。

下の濁った水のグラフで深いところまで光が届いているのは、緑と黄色。
青を見ると、深いところには全然届いていない。



もちろん濁っているので、光の届く水深も浅くなっている。

つまり、シーバスを釣りやすい濁りの入った状況下で効率良くアピールできるカラーは、緑、黄色、赤。


この三色だと言える。
濁った中でアピール力の低い青を外し、緑を入れようと考えた人は天才だと思う。

このルアーはシンキングの沈む設定。
どの程度の潜行レンジかは分からないが、深い所も浅い所もアピール出来るカラー設定にしているとろが凄い。

赤色→浅いレンジでアピール
黄色→赤よりも深いレンジまでアピール
緑色→一番深いレンジまでアピールできる

それぞれの色のアピールレンジが違い、万能に探れるパイロットカラー。

私の経験上、銀粉というのもよく釣れる要素。オヌマンも銀粉が好きでよく使っていますしね。

これからは銀粉キャンディを主軸に、その日の釣を組み立てていくのが最も効率の良い釣り方かもしれませんね。
   






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【マドネス】 シリテンバイブ53 SY04 銀粉レインボー
価格:1780円(税込、送料別) (2016/11/4時点)










あなたのアイデアを形にしませんか?
リペイントの依頼はこちらからどうぞ

Eメールで
akita_seabass_ajican@yahoo.co.jp


ラインで
友だち追加 



ランキング参加中!
クリックしてランクアップにご協力ください!
    
にほんブログ村   シーバス ブログランキングへ 
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック