秋田シーバス Aji-can

リペイント依頼受付中!
ライン@で依頼
image

ミノー1本1000円~

6本以上複数割引あり!


▼お問い合わせ・ご依頼
https://line.me/R/ti/p/%40bwx5075e





お待たせしました。
前回の続きです。

まだ読んでない人は一度読んでからの方が面白いと思います。


では、さっそく本題からスタートします。

なぜ、青に反応する魚に対して紫を配色したのか。

これも光の波長の話になるんですが、まずはこれを見てください。


光の波長をグラフにしたものです。
右の方が波長が長くて、左に行くほど波長が短い。

青になるにつれて波長が短くなる。
海の水は、河川と違い植物プランクトンや動植物の老廃物が少ないため、赤い光より青い光の方が深いところまで届く。



これの一番上のグラフ。
緑と水色、青が深いところまで光が届いています。

これは、推測なんですが。
海にいる魚の目は、緑や青がよく見えるようになってるんじゃないか?

そう思います。

底荒れやサラシなど色々な条件もあると思いますが…その辺は今後調査していきます。こんな体験があるよ!って人は連絡もらえると有り難いです。


さて、話を戻します。
「青がよく見えるなら、青にしたらいいじゃん?なんで紫?」



まずは紫部分の面積。
黒のすぐ上で、塗っている面積は少な目ですね。たったけれだけの面積を青にしても、魚に対するアピールは少ないと思います。

そこで紫。
これが答えになるんですが…
青や紫外線がよく見えるシーバスの目なら、青よりもさらに波長の短いがもっともシーバスにアピールできるんじゃないか?

そう思って紫を配色しました。
小さな面積でよりアピールカラー。

ここまで話すとドスケベな色が違って見えきますね(笑)


それと、もう一つ。

配色した「場所」

まずはこれを見て下さい。




アガケのスイム動画。
スローでアクションを見せてくれる部分に注目。

クネクネとロールしている時に、ベリーに光が当たって強く反射しています。

そこに紫色のハイアピールカラーがチラチラとシーバスにアピールする…


考えただけで釣れそうですね!!


まだこのカラーで釣ってないので「釣れそう」なだけなんですけどね(笑)

でもこの紫、ピンク、ブラックの配色を磯で使ってみたいですね〜。
サラシなんかにも効きそうなんですけどね〜。

誰か試してみませんか?

磯場は遠くなかなか行けないので、検証が捗りません。

あなたのアイデアを形にしませんか?
リペイントの依頼はこちらからどうぞ

Eメールで
akita_seabass_ajican@yahoo.co.jp


ラインで
友だち追加 







今思ったんだけど・・・ハデイワシも同じ考えなんじゃね??



ランキング参加中!
クリックしてランクアップにご協力ください!
    
にほんブログ村   シーバス ブログランキングへ 
 





このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック