秋田シーバス Aji-can

リペイント依頼受付中!
ライン@で依頼
image

ミノー1本1000円~

6本以上複数割引あり!


▼お問い合わせ・ご依頼
https://line.me/R/ti/p/%40bwx5075e





年末以降全く釣れません!


でも、あの時感じた感覚が鈍らないうちにハタハタカラーを塗りたいと思います。

まず、私がハタハタカラーに求める事は一つだけ。

とにかく目立つ事!!

ハタハタパターンは基本ナイトゲームのため目立つ事が重要。

それにベイトの量。
ハタハタはまとまって大量に接岸するため、沢山のベイトの中でアピールできる事も重要。

このことを踏まえ考えたのが…


image


グリーンハタハタ!!

もう市販されてました……

ローライトで目立つチャートグリーン!
どんな当たりカラーにも対応できるコットンキャンディー!

素晴らしいじゃないですか!!
ハタハタパターンに限らず、どんなシュチュエーションにも対応するカラーなんでしょうね。これは買いです…


でも、私の思うカラーと少し違うんですよね。

では、塗っていきます!


素材はストリームローグ。


目を外し、かるくヤスリがけ。
今回はこのまま塗ります。



まずは背中にホワイト。


背中だけにチャート。
側面のクリアーとホログラムを残すように慎重に塗装します。


頭に蛍光グリーン。
好みの範囲に塗ります。


ベリーにホワイトを


ピンクベリーとオレンジベリーの二色を贅沢に配色。



側面にコットンキャンディー。
蛍光カラーとただのクリアーカラーのコンビネーション。



あとはクリアーをたっぷり塗ります。



急いで塗ったら元の塗装面にシワが!
自分用なので気にしませんけど。



あわわわっ!背中にもシワが!!
気にしない…気にしない…

あとはじっくり乾燥させて完成。







アイの下のシールが剥がす段階で取れちゃったので、目は真っ黒です。



やっぱりシワが気になる…



あいかわらず見にくいですが、ベリーグローです。今回はかなり光ってます。

わたしが今回こだわりたかったのは、ベリーのグローとホログラム、それとクリアー。

年末釣行の時に感じたのは、シーバスがルアーを見切るスピードとアピール力。

ヒットレンジは、トップ〜ミドルまでの間。

ヒットカラーは何でもOK。
チャートが一番人気といった感じ。
落ち鮎グローでも反応あり。

一度バイトすると見切って反応が消える。

……。

なら、チャートと見切られにくいクリアーを合わせたらいいんじゃね?

といった感じの合わせ技が今回のオリジナルハタハタカラー。

グローは波が巻いて流れがキツイところ用に。穏やかな場所では光らせずにそのまま使えるように。

ホログラムは完全に自分の好み!!


ざっと、こんな感じです。


もうハタハタパターンも終わり。
この検証の続きは次の冬まで持ち越しですね。その前にこれを落ち鮎シーズンでも使う予定。

きっと釣れますよ!!



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック