秋田シーバス Aji-can

リペイント依頼受付中!
ライン@で依頼
image

ミノー1本1000円~

6本以上複数割引あり!


▼お問い合わせ・ご依頼
https://line.me/R/ti/p/%40bwx5075e





秋のリバーシーバスの振り返り。


今年の落鮎パターンは、
「パッとしないまま終了」

って感じ。
気温の乱高下に、冷え込んだと思ったら今度は大雨、台風。

こればっかりはしょーがない。

落ち鮎序盤
序盤は暖かい日が多く、鮎が落ちない。それでも涼しい時間帯を狙うと、ちゃんと応えてくれるシーバス。



明るい時、クリアウォーターの時にすこぶる反応のいいカラー。月明かりで明るい時のナイトゲームにも効くカラー。

濁っている時は定番のビッグバイトチャート。いつもこの2色を使って反応をみてから、カラーローテをします。

落ち鮎中盤

とにかく人が多かった。
平日昼夜を問わず人気のポイントには常に人。ライトで「ここにいるよ」アピールしたのに、対岸からこっちに向かってルアーを投げてくるアングラー。ビックベイトが何度も目の前に飛んでくる恐怖。

ルアーは人に向かって投げるもんじゃありません。

並んで釣りをしているのに、自分の魚が釣られたと勘違いして文句を言ってきて一触即発状態になるトラブルもあったとか…。

深夜に住宅地の近くで「釣れた釣れない」で、馬鹿騒ぎしてるシーバスマンも多数いたり。



これは、
アングラーのマナー以前の問題。


こんな状況のホームに嫌気がさして、別の川へ通っていた中盤。

コンディションの良い魚は釣れていたが、落鮎シーバスと言うにはちょっと物足りないサイズが連発。




中盤はスネコンが大活躍。
複雑に絡んだ流れの中にアップで入れて、流すだけ。あとはターンする場所を微調整して食わせる感じ。

これがちょっと難しくてミスバイトが連発。来年の課題ですね。

比較の為に市販のフラッシュレッドと合わせて使ったが、オリカラの方が反応が良かった印象。オリカラだからというか、黒っぽいカラーの方が反応がいい感じ。

落ち鮎終盤

とにかく雨と台風に泣かされた終盤。

ちょっと釣りにならないかな?って感じの増水が多かった。それでも水位が下がったタイミングで川に行くとちゃんと魚は居ました。



しっかり体高のある秋らしい個体。
岸際に溜まった小さなベイトを追いかけ捕食していたシーバス。目の前の食わないボイルの攻略に苦労したのを覚えてます。

クー100をベイトの群れからはぐれた感じでヨタヨタと漂わせてガツンと。

あのシンペンのようなヨタヨタ感。
シンペン好きにはたまらないアクションです。





ザーザー降りの中ディープウェーディング。寒かった…。

目の前のボイルを攻略したくて粘りに粘って……バラし。


「あーー!!うそー!!」

誰も居ない川の中で絶叫。
たぶん今期で一番悔しいバラし。

その後、ポイントを変えてまたバラし。
ダメな時はとことんダメ。

そんな感じでリバー上流域は終了。
熊の気配も濃くなったのであとは海で頑張りたいと思います。


今年の海はなんかいまいちなんですよね~
まあ、これからなんでしょうけど。

▼ランクアップにご協力下さい▼
にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ     
にほんブログ村    シーバス ブログランキングへ 





ペイントライブ配信中!!

▼友達追加で視聴可能▼

友だち追加  


▼お問い合わせ・ご依頼
  https://line.me/R/ti/p/%40bwx5075e




このエントリーをはてなブックマークに追加